香港空港からエアポートバスで九龍へ

空港からは自分の力で移動して達成感を味わいたい

調べて考えて行動する楽しさ

添乗で行く時は、空港のミーティングポイントで現地ガイドと会って、待機している観光バスでホテルや観光地へ移動します。

スケジュール通りに旅程をこなすためには、団体のツアーでは必要なことです。

私は、バスの中でお客様にご案内するために、目的地までの所要時間を現地ガイドやドライバーに確認するだけなので、空港からの移動で困ったことはありません。

とても楽です。

とても楽なのですが、自分の頭を使うことをしないので、連れて行ってもらっている感じがしてしまいます。

だから、個人的に訪れたら、なるべくタクシーは使わずに、バスや電車などの公共の乗り物で移動するようにしています。

乗り場はどこにあって、

いつ、どこに行くバスや電車に乗ればいいのか、

料金はいくらで支払い方法は?

など、バスや電車に乗るだけでも調べることが沢山あります。

それを一つ一つ解決して目的地に着いた達成感を味わうこと、

これも旅行の楽しみのひとつです。

エアポートバスで九龍まで行きます

今回、空港からホテルに行く交通手段に選んだのはエアポートバスです。

宿泊するホテルの近くまで行けるし、バスが九龍のメインストリートを通るので車窓からの眺めを楽しめると思ったからです。

エアポートバスの他に、エアポート・エキスプレスという電車で行く方法もありますが、それは帰りの日に利用しました。

比べるとエアポート・エキスプレスの方が断然速く、金額も高いです。

行きは、エアポートバスで行くと決めたので、まずオクトパス・カードを買いました。

日本のSuicaや PASMOのようなICカードです。150HKD(うち50HKDはデポジット)

オクトパス・カード

バス乗り場へ向かいます

空港内の案内

空港の案内を見ながらバス停に向かいます。

この案内板では、バス停は左の上から2番目。

2階建てのバスの絵です。

↑たくさんのバスがあります。

何番のバスに乗ればいいのかよく見てから乗り場に向かいます。

私が宿泊するのは、インターコンチネンタルホテルで、近いのは尖東駅(イーストチムサーチョイ)。

A21のバスです。

支払いはオクトパス、現金、チケットのいづれか
2階建てバス

バス停にA21が停まるバス停が明記されているので、分かりやすいと思います。

バスに乗り込みます

オクトパス・カードをタッチします

香港のバス料金は、乗車時に払う先払いです。

前から乗って、後ろから降ります。

目的に着く少し前にアナウンスがあるので、それを聞いたら、手すりなどに着いている赤いボタンを押して知らせます。

2階部分

香港のバスはイギリスの影響を受けたので2階建てのバスです。

車内アナウンスと電光掲示板があるので、分かりやすいと思います。

ラッキーなことに、バス停に着いたばかりのようで誰も乗っておらず、2階の1番前に座ることができました。

とても近い距離にフロントガラスがあるので、眺めがよく、

特に、空港からランタオ島を通る道はただでさえ眺めがいいのに、2階席の1番前からは迫力のある景観を楽しめました。

九龍に入ると渋滞します

14:30に出発したバスは、前半は快調に進みました。

海沿いの高速を走っている時はとても快調でしたが、九龍に入ってから、特にメインストリートのネイザンロードでの渋滞はひどかったです。

タイのバンコクほどではありませんが、

なかなか進まない。

信号を守らない歩行者が多い、

車のスレスレな割り込み。

上の1番前で見ていて、他のバスとぶつかりそうになる恐怖も体験しながら、

これでよく無事だったとドライバーを褒めてあげたいくらいでした。

尖東駅のバス停

バスが到着しました。

途中の渋滞がひどくて、なかなか進まなかったので16:10に到着。70分くらいで着くかと思っていましたが、実際は100分もかかりました。

でも夕方予定が入っていたわけではなかったので問題なく、

香港のバス、しかも2階の1番前に乗れて良かったなと思います。

インターコンチネンタルホテルはバス停の反対側の並びです。

バス停のすぐ横にあるSubwayの標識。

そこから地下道へ続く階段を降りて、反対側へ出られます。

さぁ、インターコンチネンタルはもう目の前です!!!

あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA