下田の幸パスタ&アワビのカルパッチョ!片岡護・西麻布イタリアン『アルポルト』【ごはんジャパン】

 

 

2020年10月3日(土)18:30〜18:56 テレビ朝日『ごはんジャパン』の舞台は静岡県下田市。

旅館を営む漁師一家を訪れ、海の幸をふんだんに使った贅沢パスタとカルパッチョを作ります。

作ってくれるのは、イタリアンの巨匠・片岡護(まもる)シェフ

若い女性にも受けて、子供連れのお客さんにもよろこんでもらえるようなメニューを!というリクエストにこたえ、漁師もビックリの意外な食材を使った 秋の味覚たっぷりのパスタを披露してくれます。

ここでは、片岡護シェフと東京・西麻布にあるイタリアン『アルポルト』を紹介します。

 

【ごはんジャパン】秋の魚介でパスタ&カルパッチョ

 

伊勢海老のパスタ

伊勢海老を小さく割り、にんにくと鷹の爪で味をつけたオリーブオイルで炒める

②ブランデー、白ワイン を入れる

③カサゴの骨でとったスープ、トマトソース、フルーツトマト、イタリアンパセリ を入れ煮込む

カサゴを唐揚げにし③に入れる

⑤パスタ、ソース、具材の順に盛り付けて完成!

 

アワビのカルパッチョ

アワビに細かい切り込みをいれ、熱したフライパンで焼く

②薄くスライスし、レモンとこしょう、アワビの肝ドレッシング(アワビの肝をこしてフレンチドレッシングと合わせたもの)をかける

③ウニ、緑色の野菜、トマトなどきれいに飾り、オリーブオイルをかけて完成」!

 

 

【ごはんジャパン】片岡護シェフ:プロフィール

 

 

イタリアで5年間修行

1948年9月15日 4人兄弟の末っ子として東京に生まれる

初めてのイタリア料理は、中学生の頃。母親の知人である外交官の奥様手作りの「カルボナーラ」。

工業デザイナーを目指して芸大を目指し浪人までするが失敗。

そんな時、カルボナーラをごちそうしてくれた外交官が言った「もしダメならコックになって私についておいで」が、現実になる

3ヶ月「つきじ田村」で修業後、

1968年 イタリア総領事付き料理人としてミラノに同行

5年間、イタリア国内にて総領事付きのコックとして修行を重ねる。

昼はイタリア料理、夜は日本料理を作る忙しい毎日を送りながらも、暇を見つけては足しげく数え切れないほどのレストランに通う。

1973年 帰国後、代官山「小川軒」を経て「マリーエ」調理長を務める

 

「アルポルト」オーナーシェフ

 

1983年 4月東京西麻布リストランテ「アルポルト」を開店

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kayo Egami(@kayo.egami)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Asako Sonoyama(@asako418)がシェアした投稿

 

「アルポルト」には自ら顔を出し、お料理教室も開催しています。

インスタグラムでは、片岡シェフはいつも笑顔です^^

 

 

メディアなどでも活躍

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

NHKあさイチ(@nhk_asaichi)がシェアした投稿

 

少食な日本人向けに開発した「懐石風イタリアンコース」が多くのお客様に指示される。TV番組や著書も多く、本場イタリア料理を日本に広める。

 

離乳食の本『ま・ごはんー0歳からの愛情レシピ』

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

RISSEI_LIBRARY(@rissei_library)がシェアした投稿

 

 

『ま・ごはんー0歳からの愛情レシピ』 

片岡 護  著

「五感を育む」ための64のオリジナルレシピ。

本書で育てれば、かならず好き嫌いがなくなります!

 

 

 

表紙は片岡護シェフの双子のお孫さんです。

(めちゃくちゃ かわいい!!!)

「この子たちのために美味しい離乳食を作ってあげたい」と

まずは、調味料を一切使わないピューレを作ったそうです。

 

 

人気イタリアンシェフが作る離乳食。

片岡さんの愛情がたっぷり入って優しい味なんでしょうね〜^^

 

東京・西麻布『リストランテ アルポルト』アクセス・営業時間etc.

 

 

場所 〒106-0031 東京都港区西麻布3-24-9 上田ビルB1F
アクセス 東京メトロ日比谷線広尾駅 3番出口 徒歩約13分

東京メトロ日比谷線六本木駅 徒歩12分

TEL 050-5868-0351
営業時間 ランチ 11:30〜15:00 (L.O. 13:30)

ディナー17:30〜22:00(L.O. 20:00)

定休日 月曜日、第一&第三火曜日
席数 35席 (個室 有)
インスタグラム リストランテ アルポルト インスタグラム

 

*新型コロナウイルス感染拡大の影響により、営業時間、定休日等が変更になる場合があります。お出かけの際は、あらかじめご確認お願いします。

 

 

姉妹店

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomiko(@tomiko.m13)がシェアした投稿

 

◆アルポルト 東京ビッグサイト店

◇アルポルトクラシコ(そごう横浜店)

◆アルポルト静岡(ホテルアソシア静岡)

◇アルポルトカフェ日本橋店・京都店

◆カフェテリアアルポルト福岡

◇カフェテリアアルポルト名古屋 名鉄店

◆カフェテリアアルポルト名古屋 松坂屋店

 

『アルポルト』名前の由来はイタリアで通ったレストラン

 

片岡シェフがミラノにいた時、評判のレストランを食べ歩いていたひとつが『アルポルト』でした。

魚料理の有名店で、店内にはその日おすすめの新鮮な魚が並び、お客がその中から好みの魚介を選んで好きな調理法をオーダーするというシステムが人気を呼んでいました。そのスタイルに驚いた片岡さんは、仕事の合間をぬっては研修に行っていたと言います。

日本で独立する際は、店主ドメニコ氏の了承をもらいにミラノの『アルポルト』へ。

 

『アルポルト』は「港にて」という意味のイタリア語。

船の出港と帰港を、人生の出発と終わりになぞらえた「港」の言葉に惹かれたのだそうです。

 

 

 

 

あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA