【ふるカフェ】東京・東村山トリックだらけのカフェ『百才〜ももとせ〜』

2020年8月13日(木)21:00〜21:30 【ふるカフェ系 ハルさんの休日】では、東京・東村山のトリックだらけのカフェが紹介されます。

今回も、ハルさん(渡部豪太さん)がリモートで入店することになりました。

そのカフェは『百才(ももとせ)』

府中街道沿いのお不動さまの隣にひっそりたたずむ日本家屋です。

ここでは、『百才』のアクセスや営業時間、そして番組で紹介された建築用語などをまとめました。

お出かけの参考にしていただけたらうれしいです^^

 

【ふるカフェ】縁ひらく庭 百才(ももとせ)は複合文化施設

 

2つ合わせて100才

百才(ももとせ)は空き家だった古民家2棟を再利用した『複合文化施設』

1つは築67年の母屋

もう一つは築34年の離れ

2つ合わせると100才になりました。

 

百才が始まるきっかけ:趣のある庭のある場所を活かしたい

家主の川島昭二さん

趣のある場所をうまく活かせないか考えたことが

百才が始まるきっかけです。

地元・東村山市の建築設計会社『大黒屋』さんに相談して

話をすすめ、

2019年5月オープンしました

 

百才(ももとせ)の意味:たくさんの才が集まり縁をひらく場所

百才とは、100年、100歳という意味。

数年間空き家だったこの場所が

シェアキッチン、コミュニティースペース、アトリエ、カフェスタンドなど、

ものづくり、まちづくりに関わるたくさんの才(能)が集まり

「縁をひらく」場所としてまちの人のよりどころとなるように

との願いが込められています。

東村山『百才(ももとせ)』配置図

 

『えんひらく庭 百才 準備ノート』より

 

2棟の建物は、上のように配置されています。

 

母屋:天王森不動尊に近い方

コミュニティスペース(ゲストハウスのラウンジのような開放感がある)

アトリエ&ギャラリー(和紙を使って制作する場所、青いものや文具の販売)

コーヒースタンド(テイクアウト専門のカウンターだけの小さなコーヒースタンド)

ハチコク社オフィス(地域の情報誌を担当するハチコク社の編集デザインスタジオ)

シェアサイクル(ハチコク社スタッフの通勤自転車2台を自由に使えます)

 

離れ:府中街道沿いの建物

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

百才(@momotose100)がシェアした投稿

1階 シェアキッチン(対面式のキッチンをシェアして利用できる。週替わりの飲食店として営業も可能。)

2階 ショールーム&ショップ(くらしをテーマにした雑貨や道具、器、家具などを展示販売。ワークショップやネイルサロンなどレンタルスペースとして利用可能)

 

『百才』“ サンドイッチ小屋” のサンドイッチも販売

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

百才(@momotose100)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

百才(@momotose100)がシェアした投稿

百才では「サンドイッチ小屋」のサンドイッチがよく販売されています。

サンドイッチ小屋は、店舗を持たずに出張販売をしています。

2020年8月、百才での販売は

8月22日(土)、23日(日)、29日(日)、30日(日)

*サンドイッチ一例

苺と桜あんクリームのサンドイッチ ¥600

コンビーフポテトのサンドイッチ ¥500 etc,

 

『百才』クラウドファンディングにてお庭づくり

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

百才(@momotose100)がシェアした投稿

2019年、「お庭づくり」を目的としたクラウドファンディングを立ち上げます。

結果、148名からの支援を受けました。

家主のお母さんが大切に育ててきた紅葉やツツジなどの植物を

移しかえや調整をし、すっきりとした日本のお庭になっています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

百才(@momotose100)がシェアした投稿

 

【ふるカフェ】『百才』アクセス・営業時間

 

場所 〒189-0003 東京都東村山市久米川町4-46-1
アクセス 【電車】西武新宿線 東村山駅 東口から徒歩8分

【バス】グリーンバス久米川町循環で1分

営業時間 【金・土・日】10:00〜18:00
定休日 月〜木
インスタグラム 百才インスタグラム

*新型コロナウイルス感染拡大の影響により、営業時間、定休日等が変更になる場合があります。お出掛けの際にはあらかじめ確認してください。

 

【ふるカフェ】番組中に出てきた建築用語

*輪違い・・・瓦を交互に上向き下向きに重ねたもの

*式台玄関(しきだいげんかん)・・・来客者が地面に降りることなく、カゴに乗り降りするために設けられた武家屋敷の玄関

*下地窓(したじまど)・・・土壁を一部塗りし下地を見せた飾り窓(千利休が茶室に設けたことが始まり、と言われている)

*石畳張り・・・廊下などで板と板の合わさるコーナー部分を互い違いに張ること(奥行きがあることを見せるため)

*幣串(へいぐし)・・・上棟式の際に安全を祈願して供える

*中廊下住宅(なかろうかじゅうたく)・・・中廊下を境に居室と水回りを分けた間取りの住宅

 

【ふるカフェ】おいしいサンドイッチの作り方

キーマカレーのサンドイッチ

作ってくれるのは、秋房千陽(あきふさ ちひろ)さん。

店舗を持たずに、イベントなどでサンドイッチを販売しています

 

この投稿をInstagramで見る

 

百才(@momotose100)がシェアした投稿

 

① クミンシード・ニンニク・しょうが・玉ねぎを30分ほど炒める

② トマトピューレ・ひき肉を加え炒める

③ カレー粉や香辛料を入れ味付け

④ パンにかぼちゃ・キーマカレー・レタスをはさんで完成!

【ふるカフェ】遊び心あふれる古民家

武家屋敷風の建物が、昭和の時代に作られたのは驚きでした。

格式が重んじられる武家屋敷様式の建物に、あえて遊び心を入れてあったので、ハルさん楽しそうでしたね〜

家主の川島さんのお父様とおじい様が、家族が使うところに石畳張りなど凝ったデザインにしたのは、家族のことを考えて作ったんだろうな〜と感じます。

その家で育った川島さんが、建物を残して利用できるようにして、お父様もおじい様もこの建物も、きっと喜んでいるでしょうね^^

あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA