フィジーのセールスポイントは、フィジィアンの優しさと穏やかさ

来なければ分からないフィジーの良さ

フィジーの宝は優しくて穏やかなフィジィアン

ファムツアー最後の夜、参加者全員でフェアウェルディナーが催されました。

その時、フィジー政府観光局のキャシーさんが私たちに尋ねました。

『フィジーの良いところは?』

『フィジーに来て楽しかったことは?』

『フィジーが改善するべきポイントは?』

それぞれの質問に答えましたが、みんな口々に言ったのは、

『フィジーは人が優しくて穏やか』

そうなんです!

フィジィアンは驚くほどフレンドリー!

穏やかで優しくて笑顔が素敵なんです。

会うと必ず『Bula!』(こんにちは)と笑顔で挨拶してくれます。

でも残念ながら、

【フィジー】国名としては有名ですが

旅行の目的地として選ぶ人はあまりいません。

ダイビングをする人でも、

フィジーは憧れのダイビングスポットの一つだとは言いますが、

フィジーよりも先にニューカレドニア、モルディブなどに行ってしまうようです。

私も、30年近く前にニュージーランドからの帰国便でナンディ空港を経由したのですが、【ナンディ】ってどこ⁉︎

と思っていたくらいですから、

具体的にどんな国なのかを知っている人は、かなり少ないでしょうね。

フィジーにたった4日しか滞在していませんが、その4日で感じたのは

フィジィアンは穏やかで優しく驚くほどフレンドリー!

シャングリラ ・フィジー・リゾート
伝統音楽

ティビュア島のインストラクター

泳げない男性が熱帯魚を見られた

ティビュア島での体験の記事でも書きましたが、

私はそれまでシュノーケリングをやったことがなかったので、インストラクターのレイさんに教えてもらいました。

同じように教えてもらった人の中で、レイさんに腕を支えられて泳ぎ切ったアメリカ人男性がいました。

恐らく、70才は超えていたはずです。

最初から最後まで、ずっとレイさんに支えられ、ずっと海の中を見ていたので、怖がっているのか楽しんでいるのか分かりませんでしたが、

泳いだ後にシュノーケルを外すと、それはとても嬉しそうで、最高の笑顔でした。

そして、その奥様。

彼女は昨年もアメリカからご主人とティビュア島に来たのですが、その時はシュノーケリングが怖くて、2人してただ海を眺めていたとのこと。

でもまたここにやって来て、このきれいな海を見ていたら、シュノーケリングに挑戦しようという気持ちになったのだそうです。

最初は怖かったけれど、

最後まで泳ぎ、きれいで可愛い魚を見ることができて本当によかった!

夫もレイさんに支えてもらったおかげで、きれいな魚を見ることができたから本当に嬉しい!と。

この言葉を聞いて、私もとても嬉しくなりました。

そうですよね。海に入ることやシュノーケリングをすることは、簡単に出来る人は多いと思いますが、

全くの初心者にとって、特に泳ぐのがあまり得意ではない人にとって、

レイさんのような支えになってくれる人がいることが、どれほど大きな安心感を与えてくれているか…

レイさんは、常に危険なことがないように目を光らせながらも、初心者の私たちをリラックスさせるようにしてくれました。

レイさんにとってシュノーケリングは、1日に何度もやってるしそれを何年もしていて、いい加減飽きているはずだろうに、

綺麗な魚が集まっているところに行くと、それはそれは楽しそうな声を上げて盛り上げてくれました。

私もその老夫婦も、レイさんのおかげで大きな一歩を踏み出せました。

クルーズ船でのおもてなし

行きも帰りもずっと楽しませてくれました

ティビュア島行きのフェリー

Port Denarauを出航してティビュア島までの90分、私はただの移動のためだけのフェリーだと思っていましたが、そうではありませんでした。

まず、乗船すると美味しいグレープフルーツジュースのウェルカムドリンク。

自由席なので空いてる席に座ると、

1人の男性スタッフが、ティビュア島に着いてからの説明をします。

いくつかあるアクティビティの紹介がされ、必要なものは同意書にサインをします。

説明が終わると、コーヒー紅茶と、ケーキなどの軽食を自由にいただきます。

私はコーヒーをいただきました。

インスタントコーヒーだったけれど、この素晴らしい景色のお陰で世界一美味しいインスタントコーヒーのように感じました。

そこから、ティビュア島に着くまで楽器を使って演奏してくれるのですが、

とてもいい声で歌を歌いながらの演奏なので、ティビュア島に向かうワクワク感をさらに盛り上げてくれました。

帰りも、また歌と演奏と、途中でカバの伝統儀式も行われました。

カバの伝統儀式とは、フィジーの伝統儀式で、堅苦しいのもありますが、もてなしの儀式でもあります。

カバ(Kava)というのは、南太平洋に生えるコショウ科の木。

このカバの根を乾燥させ、タノアという木製の大きな器に竹筒から水を注ぎ、その中でカバの根を濡らして汁を絞り出したものを、次々に飲むという内容のフィジーの伝統芸能です。

最近では、乾燥させたパウダー状のカバがスーパーでも売られています。

そのカバの儀式が行われたので、参加してみました。

カバは、見た目は泥水のような茶色の水ですが、飲んでみるとサラッとしていて臭いがなく、少し漢方の薬の苦味があるだけなので、意外と飲みやすかったです。

日本の青汁の方がよっぽど飲みにくいと思います。

限られた人数しか飲めなかったし、今回のファムツアーではここでしかみられなかった儀式だったので、やってみて良かったです。

何でも、〝やりたい!〟と思った時にやることが大事ですね!!!

カバの儀式か終わったら、

今度はお別れの歌をスタッフが整列して歌ってくれました。

多分フィジー語なので、意味はわかりませんでしたが、なぜか涙が出てきてしまいました。

今日1日だけのお付き合いでしたが、ティビュア島で過ごせた時間に感謝をせずにはいられません。

前日は雨だったという話ですから、

今日、晴天に恵まれ今までみたことのないブルーを見せてもらいました。

ティビュア島での楽しい時間。

ありがとう!

フェリーがデナラウ港に近づいてきました。

なんと、船長が乗客1人1人に握手して挨拶してくれたのです。

私の方こそ、お礼を言いたい。

Vinaka!(ありがとう!)

カバの儀式

たくさんの日本人にフィジーの良さを知って欲しい

もっとたくさんの日本人に来てほしい

最初にも書きましたが、国名は知っていても、フィジーはどんな国なのかをご存知の日本人はあまり多くないと思います。

私も、『綺麗な海に囲まれた南の島』くらいの認識でした。

でも今回、色んなところを見せていただき、魅力のあるところが沢山あるのに、ほとんど知られていないのはとても勿体ないことだと感じました。

2018年に直行便が復活して、約8時間で来られる南国の楽園です。

穏やかで優しいフィジィアン、

目の覚めるような鮮やかなブルーの海、

この世のものとは思えないくらいの綺麗な熱帯魚

ここフィジーでゆったりと過ごしてもらえるように、旅行をおすすめしたいです。

そして、自分自身も、またフィジーに戻ってきたい!

Vinaka!

あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA