岐阜・高山【宮川朝市】で飛騨高山プリン

【白川郷】行きのバスを確認し、レンタサイクルで【宮川朝市】へ

白川郷に行くバス乗り場を確認します

今日の予定は、世界遺産『白川郷』へ行き『下呂温泉』へ向かいます。

『白川郷』へ行くには、『濃飛バスセンター』から出ているバスに乗るので、まずは場所の確認をしに出かけます。

『濃飛バスセンター』はJR高山駅のとなりです。

8:00頃ワットホテルを出発し、徒歩10分弱で濃飛バスセンターに到着。

見ると、長い列が出来ていました。

白川郷に行く人達です。

私たちは、10:50出発のバスに乗る予定なので、この列には並ばなくても良いのですが、予想以上の乗客なのでバス会社の人に聞いてみると、

もし一台のバスに乗れない場合は、もう一台出るので並べば乗れるのだそうです。

時間によっては、予約が必要なバスもあるので、時刻表で確認しなければいけません。

私たちが乗る10:50のバスは予約は必要ないので、チケットだけ買ってその時間に戻ってくることにしました。

キャリーケースなどの大きな荷物はバスターミナルにあるコインロッカーに入れて、高山の町を散策することにします。

池畑商店でレンタサイクル

高山には歩いて訪れたい場所がたくさんあります。

『宮川朝市』『古い町並』『高山陣屋』etc.

バスが出るまであと2時間。

まずは『宮川朝市』に行くことにしました。

徒歩で約20〜25分の所なので急いで歩かなければ…と思っていたのですが、

バスターミナルを出てすぐに『レンタサイクル』の文字が…

時間を有効に使うため自転車に乗ることに決めました。

1時間1台300円

名前と携帯電話を言うだけ!

簡単すぎる!

でも、これは私たちが日本人だからかもしれません。

 

外国からの観光客なら、もしかしたらパスポートの提示が必要なんじゃないかな…と思いながら出発しました。

ちなみに、レンタサイクルは『池畑商店』というお店で、美味しそうなお酒がありました。

あぁ、美味しそう!

 

日本三代朝市のひとつ『宮川朝市』

鯉と鴨のいる宮川沿いの朝市

池畑商店を出て約5分で宮川朝市に到着しました。

宮川という川沿いにたっている朝市です。

その宮川を見てびっくりしました!

鯉がたくさん泳いでいるではありませんか!

そして、この写真には写っていませんが鴨もたくさんいたのです。

綺麗な川ですね!

この『宮川朝市』は、なんと江戸時代からあり、鍛冶橋から弥生橋までの宮川沿いにある朝市です。

また、日本三代朝市のひとつに数えられています。

他の2つは、石川県輪島市の輪島朝市と千葉県勝浦市の勝浦朝市です。

温かい飛騨高山プリンが美味しすぎました

朝市には、野菜や果物がどれも新鮮で美味しそうに並んでいました。これは車で来ていたらたくさん買っていたでしょう。

地酒屋さん、お味噌屋さん、民芸品などがありました。

お味噌屋さんでは、朴葉みその試食などもありました。

朴葉みそは飛騨高山の郷土料理でご飯のお供です。

たくさん、楽しいもの美味しそうなものがありましたが、私が特に気に入ったのは、

『飛騨高山プリン』です。

冷たいプリンも温かいプリンもあり、私は温かい方を選びました。

1個350円

ほど良い温かさでとろりととろけて、幸せが身体中に広がります。

とろっとろでした!

完全無添加で、ひとつひとつ手作りなのだそうです。

これはまた食べたいもののひとつになりました。

宮川朝市で約50分散策し、次に『古い町並』に向かいます。

 

あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA