香港から【ターボジェット】でマカオへ

 

インターコンチネンタルから尖沙咀フェリー・ターミナルへ

今日は日帰りでマカオに行きます。

交通手段はフェリー。

尖沙咀のチャイナ・フェリーターミナルから出ているマカオ行きのターボジェットです。

宿泊しているインターコンチを出て行く時、ドアマンと簡単なあいさつ。

ドアマン: どちらへお出かけですか?

私: マカオへ

ドアマン: パスポートをお忘れなく!

……

おぉー!さすがです!

その一言で、何人が部屋へ戻ったことでしょう。

幸い、私はしっかり持っていたのでそのまま〝Thank you〟と言ってタクシーに乗りました。

そうなんです!

マカオは特別行政区なのでパスポートがなければ行けないのです。

私もそうですが、香港とマカオをセットで覚えている人は、パスポートが必要だとは思わなかったり、知っていてもつい忘れてしまいそうですよね。

インターコンチのドアマン、その声がけ、とても嬉しいです!

ありがとうございます。

フェリー乗り場へはタクシーで

徒歩で約20〜25分と案内があったので歩ける距離ではありますが、フェリーに遅れたら大変なのでタクシーを選びました。

タクシーで所要約10分。

結果論ですが、タクシーにして正解でした。

なぜなら、Google マップで示した位置は、フェリーに乗船する場所、まさにピンポイントでそこでした。

ですから、チケット売り場や出国手続きをする場所を探して、時間のロスになっていたかもしれません。

タクシーのドライバーが〝中港城〟と書かれてある大きな建物の入り口を指して『あっちに入るんだよ』と教えてくれたから良かったものの、目立つところには〝フェリー乗り場〟や〝マカオ〟などの表示はなかったので、場所を探してグルグル回っていたかもしれません。

ホテルのドアマンといい、タクシーのドライバーといい、その一言があるのとないのとでは大違いです。

いい接客を見せてもらいました。

この前でタクシーを降りました。

チャイナ・フェリーターミナル

チケットを受け取りゲートへ向かいます

中港城は大きなショッピングセンターです。

その2階にチケット売り場、出国審査、フェリー乗り場に向かうゲートがあります。

私たちが乗るのはターボジェット。

マカオ半島の外港フェリーターミナルに着きます。所要60分。カラーは赤。

その隣のカウンターは、コタイジェット。

マカオ半島の南に位置するコタイのタイパフェリーターミナル行き。所要65分。カラーは青。

どちらも171HKD(約2500円)

この2つの会社のフェリーが香港とマカオを結ぶ交通機関でしたが、

2018年秋に、港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)という世界最長の海上橋が開通したので、利用者は分散されたようです。

今回乗るのは赤のターボジェット。

ターボジェット チケット売り場

乗船の30分前ぐらいから、出国審査、フェリー乗り場に向かうゲートが通れるようになります。

チケットとターボジェット

ご覧のように、チケットにはシート番号は印刷されておらず、ゲートを通るときに、一人一人シールを貼ってくれます。

私は33Rです。

何名様なのか聞いてくれるので、同行者が近い席に座れるように配慮してもらえます。

 

フェリーに乗りました

ん?窓が……

私は飛行機や電車、フェリーなどの乗り物が大好きなので、今回も海を真近に見ながらの移動を楽しみにしていました。

ところが、

窓が、〝曇りガラスなのかな?〟と思うほど曇っていたので、もう最初から写真をとるのは諦めました。

そして、フェリーが動き出してから見た海が……まるでフィジーで飲んだカバ(Kava)のような色でした…

カバ(Kava)の記事はこちら↓

https://takkyair.com/フィジーのセールスポイントは、きれいな海とフ
フェリーからの眺め

座り心地がいい!

景色を写真に収めるのは諦めましたが、

このフェリー、シートが良かったです。

私が座った33Rのシートは、特別席でもなんでもなく他と同じですが、これがなかなかいい座り心地です。

包み込まれる感じがあり、わかりやすく説明すると飛行機のシート(キャセイのエコノミー)よりずっと座り心地が良かったです。

お陰で、マカオに到着するまでゆったり身体を休めることができました。

ターボジェットの船内

出航してから約1時間。

マカオに到着しました。

さぁ、マカオでたくさん食べるぞー!

 

あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA